手放せないエビリファイ|統合失調症になってからの生活

統合失調症への効果

世界の60各国以上の国々や地域で承認され統合失調症に適応を持つとされるエビリファイとは、国内の製薬会社が発見した成分アリピプラゾールにより構成されている非定型型の抗精神病薬になり、2006年から処方が始まった比較的新しい薬剤でありまた2006年には米国では自閉症を持つ小児が起こす癇癪を抑制する事が出来るとして抑制作用を追認しています。
また剤形が錠剤以外にもシロップや液剤もあり年齢や症状によっても使い分けられ、また医師の判断で投与用量は適宜に増減するものとされています。
作用としてはDAに対してのものであり、中脳辺縁系や中脳皮質系に作用する事でDAの刺激を調整する事ができ、これによりDSSと呼ばれる事もありDAの不足している状態では増量させる事で統合失調症の陰性症状である自閉や無為等の感情表出の能力を改善する事ができ、また過剰な分泌となる際には減少させる事で陽性症状とされる妄想や幻覚を改善する効果を期待する事が出来るとされ神経伝達に起こる混乱や変調を調整する事で両方の症状に効果を発揮します。
同様の作用が5-HTに対しても有効とされ、鬱病や双極性障害に対しても有効な薬とされ、また副作用の少ない点から従来までの定型抗精神病薬に代わって多くの処方機会を持つとされます。
エビリファイの持つ特徴としては、過度に鎮静してしまう事が生じにくいとされるので長期的な投与に向いており、即効性を持つ薬では無いので興奮や混乱状態、または強い不安感が現れている際には不向きとされ、従来の薬剤とは違い震えや強ばり、眠気や体重の増加、女性の方では生理不順または乳汁の分泌等の副作用を軽減させる事が出来る一方ではそわそわしたりじっとする事が出来ない等のアカシジアを生じる頻度が高いとされ、特異な副作用としては高血糖を起こす事があります。
高血糖は重篤な副作用の中に含まれるので、前兆として喉が異常なまでに渇く事や頻尿や多尿あるいは多飲が起こる様であれば速やかに医師へ受診する必要があります。